GOLF time
AUTHOR

GOLF time

ニュージーランドゴルフナビゲーター 佐井恭司(さい・きょうじ):2006年からニュージーランド居住。日本からのゴルファーやニュージーランドでゴルフをはじめたビギナーの方に、ニュージーランドでの魅力あるゴルフ体験を紹介しているアマチュアゴルファー。NZハンディキャップ1.6。【連絡先】 021-0696-476/info@nzgolfcourse.com【ウェブサイト】 nzgolfcourse.com

  • 2019年7月22日

パー3ホール攻略の考え方

パー3ホール。1打でグリーン乗せて、2打目がバーディチャンスのパッティング。外れても、3打目が入ればパーのホールです。18ホールのうち、2~5ホールのパー3ホールがあります。 パー3ホールは、パー4やパー5のホールと比べ […]

  • 2019年6月24日

パー5ホール攻略の考え方

ゴルフ場18ホールのうち、3打でグリーンに乗せられるチャンスのパー5(ロングホール)ホールは、各ゴルフ場に2~4ホールあります。 パー5ホールの距離は、アマチュアプレイヤー使用ティであれば450~550ヤード。ティーショ […]

  • 2019年5月22日

パー4ホール攻略の考え方

ゴルフ場18ホールは、1打でグリーンに乗せられるチャンスがあるパー3(ショートホール)、2打でグリーンに乗せられるチャンスがあるパー4(ミドルホール)、3打でグリーンに乗せられるチャンスがあるパー5(ロングホール)と3つ […]

  • 2019年4月22日

クラブセッティングは合っていますか?

ゴルフクラブは、14本まで使うことができます。ドライバーとパターは確定しているプレイヤーが多いでしょう。あと12本何を選ぶかが各プレイヤーによっての違い、異なるクラブセッティングとなります。 クラブ選びの考え方として、二 […]

  • 2019年3月22日

プレーは変わりましたか?新ゴルフルール

2019年1月からゴルフは新ルールが適用されています。有名な変更は、グリーン上のパッティングで旗竿(ピン)にボールが当たってもペナルティにならなくなったことではないでしょうか。パッティングするときに、抜いても抜かなくても […]

  • 2019年2月22日

まずは脱出!グリーン回りのバンカーショット

ゴルフボールがゴルフ場の砂場(バンカー)に入ってしまった。ボールは砂に沈んでいるし、足場は柔らかい砂、さらにボールをグリーン面へ上げなければならない。そんな状況を見るだけで、「脱出が難しそう」と感じてしまうゴルファーの方 […]

  • 2019年1月22日

絶対に入れたい1ヤードのパッティング

30代からのゴルフは、頭をフル回転させて楽しむ! ロングパッティングがカップ近くにうまく寄ったとしても、カップに入れる最後のショートパットを外してしまっては、ロングパットの効果も水の泡です。1ヤード前後の短い距離は、確実 […]

  • 2018年12月21日

2パットで入れたい長い距離のパッティング

前回は、5ヤード前後の中距離パッティングについてお伝えしましたが、コースでプレーしていると、5ヤード以上の長距離パッティングのほうが多いのではないでしょうか。5ヤード以上の距離になると、「1回で入ればラッキー!2回で合格 […]

  • 2018年10月23日

成功確率の高いピッチエンドランアプローチ

30代からのゴルフは、頭をフル回転させて楽しむ! グリーンの近くまでくると、確実にグリーン面にボールを乗せることを前提に、できるだけピンへ寄せたいところではないでしょうか。  そんなアプローチショットには、大きく分けて三 […]

>ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com