気になるビザに関する情報や事例をご紹介|VISA time

 

これまで私がNZに滞在するにあたって取得したビザの種類は10種類。毎回、ビザを取得できるかどうかで一喜一憂する日々でした。

自分で申請した時は、移民局から連絡が来るまでヤキモキし、「現時点ではVisaが却下されます」と書かれたPPIレターが来た時には、それはもう精神的に参ったものです。

また、ビザの相談をしたくても、相談料が高額であったり、いつまで待っても返事が来ない事があったりと、本当に色んな意味で苦労しました。そんな経験を踏まえ、ビザ申請者の気持ちが痛いほどわかる私だから、と、一念発起してビザアドバイザーになりました。

移民法は本当に複雑です。

例えば、サウスアイランドコントリビューションビザ(申請期限は今年の5月23日)。これは、南島に長期労働している移民向けに作られた特別ビザですが、条件に合わなければ、10年間南島で働いてもビザが発給されません。NZに住みたいと思っている方のために、ビザに関する情報や事例をご紹介していきます。少しでもお役に立てれば幸いです。

 

AKI YAMASAKI:南島では珍しい日本生まれの政府公認イミグレーションアドバイザー(ビザアドバイザー)。NZ滞在歴18年。 NZ、AU、UK、CAの6大学を修了。NZ移民法専門学位(GCNZI) 取得。TOEIC満点、IELTS7.5。元弁護士のNZ人アドバイザーとタッグを組み、提出書類のダブルチェック方式を採用。 遠距離対応可。日本語でのお問い合わせは、MOB:021 116 8218 または Email: akiyamasaki.immigration@gmail.com まで

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.96(2018年3月号)」に掲載されたものです。

投稿者: kjadmin