にほんからの中古車、カメムシで立ち往生!|CAR time

 

今、日本からニュージーランド向けの新車・中古車に問題が起きています。原因は「カメムシ」です。ニュージーランドへ航海中の中古車専用船4船上でカメムシが大量発生しているのが発見されました。第一次産業省(MPI)指導のもと消毒処理が行われたものの、全滅させるには至らず、問題が解決されるまでは全船オークランド港へは入港できず、各船はニュージーランド領海外で立ち往生。このカメムシ、国内の作物やキウィフルーツ、リンゴなどに多大なダメージを与えるリスクのある害虫に指定されています。最近では、中国や日本の他、アメリカやイタリアからの貨物船からも発見されており、MPIは今回のカメムシがどこから侵入したのかを早急に調べているそうです。併せて、既に大量発生しているこのカメムシをどのように対処するのか。方法の一つとして「燻蒸処理」がありますが、カメムシの生命力・繁殖力はとても強く、この燻蒸処理でどこまで駆除できるのか、千台以上の車両を積載できる船全体にいきわたるように処理できるのかという懸念もあります。ですが、新中古車が入ってこないとなると、ディーラー始め、輸入車検・修理補修に携わる業者・労働者、日本側の輸出業者にも大きな影響が出てくる事は必至です。日本で船積み待ちの車両も足止め状態で、船上で燻蒸処理を進める方向。

カメムシを調べていると、カメムシが大量発生した年の冬は大雪になる事が多く地震が多発するという根拠のない噂があるようです。2017年の秋、日本でカメムシが大量発生したとの報告。2017年の日本の冬、根拠がないとは言え、当たっていませんか・・・?

 

村東みやこ:ニュージーランドクラシック代表。2006年より、クライストチャーチにて中古車・クラシックカーの輸出入と、修理・車検(WOF)のサービスを承っている。┃ Imports Exports Classic cars┃New Zealand Classic Cars┃W:nz-classic.com

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.97(2018年4月号)」に掲載されたものです

投稿者: kjadmin