自然のことだま.

またひとめぐり、満月の夜がやってきました。

このあいだの新月の朝、小さな小さな木の芽が、「ようやっと」と言わんばかりの顔で土から顔を出しました。私は、「おはよう」と笑いかけ、ふっと息を吹きかけて、まだ新芽の頭に残っていた土を払いました。新芽は、「おはよう、おばちゃん」と笑い返してくれました。私もいつの間にか、そんな歳になったようです。

さて…。
私がまだ、この子のような若木だった頃、隣に根を張っていた、大きな大きな木がいました。私は、その木を「おばちゃん」と呼んで慕っていました。そのおばちゃんの木との思い出を、今夜はお話しいたしましょう。

「痛い…痛い…」

歯を食いしばって声を出すおばちゃんを、びっくりした顔で見上げる私に、おばちゃんは少し無理に笑顔を向けました。

「歳をとるとね、葉の一枚一枚が腕から落ちるのが、痛くなるんだよ。どうしてだろうねえ。この子たち、落ちて離れていきたいようにも見えるし、いつまでもくっついていたいようにも見えるけどね。一枚一枚、みんな、何かしら声を上げて落ちていくけれど、何と言っているのか、おばちゃんには分からないんだよ…」

そんなことを言っている間にも、ひらひらとおばちゃんの腕から葉が離れていきます。見ると、落ちる葉はそっと目を閉じていました。

「おばちゃんは、離れたくないの?」

「どうだろうねえ。離れたくないような気もするし、そうでもないような気もする。ただね、この子たちが落ちてくれないと、おばちゃん、大きくなれないんだよ」

「それじゃ、落ちてくれたほうがいいんじゃない?」

「そうかもしれないねぇ。でも、ただおばちゃんを大きくするためだけに、この子たちは生まれてくるのかねえ…」

そのとき、私のすぐそばに落ちた葉の一枚が、ブルブルと首を横に振りました。

「違うよ」と叫ぶ私に少しだけ微笑むと、おばちゃんはしばらく眠ってしまいました。

翌年も、その翌年も、おばちゃんは「痛い、痛い」と言い続けました。

そしてさらに翌年。

「今、あの子が、笑って落ちていったよ」

おばちゃんは、苦しい息をつきながら、でも嬉しそうに言いました。私の上に落ちてきたその年最後の一枚は、すぐに風に飛ばされてしまいましたが、去っていくとき、“ありがとう”と口が動いているのが見えました。

「ありがとう…だって!」

私は、急いでおばちゃんを見上げました。

「そうかい…」

風に飛ばされる葉を、おばちゃんは優しい目で追っていました。

その冬が終わって、春。おばちゃんは、腕を私の目の前まで得意気に伸ばして見せてくれました。

「こんな色の花、ついたことがないよ。きれいでしょ?」

そして、冬。

「おばちゃん、今年は、痛くないの?」

「痛くないねえ。なんだろうねえ」

おばちゃんから落ちる葉が一枚、鈴のような音を立てて、私の上に落ちてきました。

◆作・題字・イラスト◆ はづき:イラスト、詩、カードリーディングを通じて癒しを伝えるヒーラー。すべての人の中に存在する「幸せを感じる力」を、温め育てるヒーリングを目指す。

Instaguram:nzhazuki┃w:malumaluhazuki.com

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.103(2018年10月号)」に掲載されたものです。

投稿者: kjadmin