”パーマストンノースへようこそ“ グラント・スミス氏

市長からのメッセージ

「パーマストンノースへようこそ」

 

Kiwi Timeの読者の皆さま、こんにちは。パーマストンノース市長のグラント・スミスです。パーマストンノースは決して大都会ではありませんが、コスモポリタンでフレンドリーな街です。国際的な企業や多くの高等教育機関が集まるパーマストンノースは、外国からの留学生や、移民の方々を歓迎します。

 

ストンノースと日本はとても密接な関係にあります。日本企業のトヨタや日野がニュージーランド本社をこの市に構えていることや、IPU New Zealand(岡山県に所在する環太平洋大学の系列高等教育機関で、多くの日本人が学ぶ)が1990年の創立以来、日本文化の発信し続けていることもあり、市民は日本に親近感を抱いています。2016年に広島県の三原市との「フレンドシップ都市」関係を締結しましたが、現在これを「姉妹都市」に昇格させるべく計画を進めています。

 

2017年に日本を訪問した際、個人的にとても感心したことが3つあります。一つは日本を訪れる誰もが語ることですが、「和食」に感銘を受けました。パーマストンノースは人口比に対してレストランが多い市ですが、まだまだ和食レストランは少ないので、ビジネスチャンスがあります。また、東京を訪れた際、「美容・健康」のビジネスフェアに足を運んだのですが、この分野の市場の大きさと潜在的なマーケットの広がりに可能性を感じました。そして京都を周遊した際には多くの日本庭園を拝園する機会がありましたが、庭園や盆栽の職人技はキウィをも感動させるはずです。これら全ての分野でパーマストンノースの需要は未知数ですが、日本の方ならではの技術を持って、我が市でぜひチャレンジしてみませんか。

 

就職を考えられている方には、我が市では酪農やフードサイエンス産業はとても盛んですので、この分野で経験がある方は。各研究施設の募集状況をご確認ください。特に研究者のニーズはとても高く、広き門となっています。他の分野においても、Massey大学やUCOL、IPUに在籍する学生の皆さんには、それぞれの教育機関でインターンシップの機会がありますので、それを足がかりに就職、または起業という道もあります。

 

新規ビジネスの設立や移住については、市との結びつきが強い公共機関である「CEDA(Central Economic Development Agency=前号参照)」や「MMC(Manawatu Multicultural Council)」にご相談ください。

 

皆さんとこの地でお会いできるのを楽しみにしております。

 

パーマストンノース市長

グラント・スミス

GRANT SMITH

MAYOR, PALMERSTON NORTH

 

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.96(2018年3月号)」に掲載されたものです。

投稿者: kjadmin