今夜の月の色【最終話】

  あれから、何度、満月を眺めただろう。 リカさんが既婚であること、離婚に向かっていることを知り、俺も十二年前に妻が他界していることを伝えた。そのときは、メールのやり取りに浮かれていた自分と、人生の一大事に向き […]

今夜の月の色【第11話】

 何と返事をしていいのか、分からなかった。返事をしたいのかどうかすら、うまく感じ取れずにいた。 シングルマザーだと言われ、それを疑うこともなくメールのやり取りを続けていたリカさんが、実は既婚者で、現在は離婚に向けて話し合 […]

今夜の月の色【第10話】

    【第10話】 《ヒロさん、ご無沙汰しています。 もしかしたら、このメールは、ヒロさんのご気分を害してしまうかもしれません。 もしもそうであれば、返信をもらえなくても仕方がないと思っています》 […]

今夜の月の色【第9話】

    【第9話】 リカさんからのメールが来なくなって、一カ月半が過ぎた。メールのやり取りを始めてから半年以上経ったある日、 《大切な話があるけれど、その前に準備をすることがあるから、待っていて》 と […]

今夜の月の色【第8話】

      【第8話】 日本に住むリカさんとメールのやり取りを始めて、二カ月以上が過ぎた。フリーランスのカメラマンとして、仕事は仕事で忙しいのだが、ほぼ毎日、リカさんへメールを書いている。そ […]

今夜の月の色【第7話】

      【第7話】 「眠れなかった?大丈夫?」 明るく穏やかな声で、私は、夫に言われたとおりにコップに注いだ水を差し出した。ヒロさんからのメールを読んだ直後の鼻歌交じりの背中に話しかけら […]

今夜の月の色【第6話】

【第6話】 《リカさん、こんにちは。 こちらは、朝からずっと雨です。 今日の撮影が屋外ではなくスタジオでよかった。しかも、気の合うクライアントとの仕事だったから、気分もよかったしパワーももらえたかな。でも、リカさんに見せ […]

今夜の月の色【第5話】

    【第5話】 「リカさん、こちらこそ、返信ありがとうございます。 リカさんが留学されていたのは、二十年前なんですね。とすると、オークランドにスカイタワーができた頃かな? 僕は、それより十年以上前 […]

今夜の月の色【第4話】

      【第4話】 『お返事、ありがとうございます』 パソコンの画面に示されたメールの件名に、刹那、ざわめいていた胸は停止し、次の瞬間には停止したものが躍り出していた。メル友募集の掲示板 […]

今夜の月の色【第3話】

    【第3話】 秒針の音に気づいて目を向けると、時計は十時を指している。メル友の募集に、存外、『リカさん』という女性からメールをもらったと気づいたのが、朝の七時。十行にも満たないメールを返信するの […]