SEARCH

「コラム」の検索結果29件

  • 2020年3月23日

ニュージーランドの自主隔離措置とビザへの対応策

NZの経済に影響を与えるであろう措置が3月14日にアーダーン首相によって発表、3月16日午前1時に発効した。南太平洋諸国以外から到着した全てのNZ入国者に、14日間の自己隔離を義務付けるという。違反者には、強制送還も辞さ […]

  • 2020年2月26日

一旦受理した永住権申請を無効にした移民局

移民アドバイザーは、ビザの条件等が改正されると、移民局から直接情報が届くようになっている。2月17日に届いた情報では、コロナウイルスの影響で、現在も北京オフィスは閉鎖されたままで、受理した申請をムンバイやマニラオフィス等 […]

  • 2020年1月23日

移民アドバイザー=探偵業?

移民アドバイザーの仕事を誤解している方が多い印象を受ける。我々の仕事はクライアント様から頂いた情報を盲目的に移民局に提出することではない(もしそうであるとしたら、大学で専門法律学位を取得する必要のない、誰にでも出来てしま […]

  • 2020年1月23日

不動産のイロハ(続編02)

先月号で特集した「不動産のイロハ」-買い替えて住み替える選択に引き続き、複数の住宅を購入して住むという選択、そのまま住み続けるという選択についてまとめてみたものである。 複数の住宅を購入して住むという選択&そのまま住み続 […]

  • 2019年12月24日

ワークビザの制度が大きく変わる2021年問題

少子化から発する超人手不足が2021年に日本を襲うと言われている2021年問題。NZでも別の2021年問題があるのをご存じだろうか?これからワークビザを取得して最終的に永住権取得を目指している方々にも、是非知っておいて頂 […]

  • 2019年11月23日

新たに永住権が取得出来るポジションへ

いきなりだが、シェフは2、移民局オフィサーは4、さて何のことだかお判りだろうか?実はこれ、ビザ審査でポジションを決定する際に参照されているANZSCOが定めるスキルレベル。1がスキルが一番高く、5が最も低い。1-3までが […]

  • 2019年10月22日

インド人も替え玉を使った?恐怖の電話面接?

今年6月に永住権申請が却下されたインド人の訴えが、移民保護裁判所で棄却された。申請が却下された原因のひとつが、永住権申請の4年前、学生ビザを申請しているときに、移民官との電話面接で替え玉を使った疑いがあったためとされてい […]

  • 2019年8月24日

あなたのビザ申請が、フェアに審査されていないかも!?

NZに来てから、日本で起こったリアルタイムの記者会見を見たのは2回だけ。それも、どちらも今年に入ってからの事だ。1回目は、新元号(令和)が発表された時で、2回目は、世間の批判にさらされていた、宮迫、田村亮の2氏が釈明会見 […]

  • 2019年7月22日

全てのパートナーシップベースビザ申請はFake?

全てのビザ申請同様、PV申請も昨今、難化傾向にある。以前触れたように、パートナーシップベースビザ(PV)申請の却下率が2017年には驚異の35%に上昇するまでに至った。 「PV永住権の申請で、何百というカップルが“嘘”を […]

  • 2018年12月21日

無意識のうちに、法律違反?

 毎年、移民アドバイザーは、資格更新をする必要があり、その費用はなんと$2000+!弁護士の場合は約$1400~。法的業務をしているからなのか、弁護士より多い事もあるなど、かなりの出費です。  突然ですが、無意識のうちに […]

>ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com