パー4ホール攻略の考え方

By ニュージーランドゴルフナビゲーター、佐井恭司(nzgolfcourse.com)

ゴルフ場18ホールは、1打でグリーンに乗せられるチャンスがあるパー3(ショートホール)、2打でグリーンに乗せられるチャンスがあるパー4(ミドルホール)、3打でグリーンに乗せられるチャンスがあるパー5(ロングホール)と3つのホールパターンに分かれます。そのうち、もっとも数が多いのは10ホール前後あるパー4ホール。パー4のホールを4打(パー)や5打(ボギー)でプレーできると、スコアはぐっとよくなります。

ティーングエリアから1打目をフェアウェイへ向かって打ち、2打目でグリーンを狙って打つのがパー4の基本となる攻め方。そんなパー4ホール攻略のポイントを2つ考えてみます。

 ティーグラウンドから考える

まずは、積極的にドライバーを使ってできるだけグリーン近くまでボールを運び、2打目を短いクラブを使ってグリーン狙いできるのがよいでしょう。しかし、ドライバーで打ってボールが届く場所にバンカーや小川といったハザードがある場合、またその日のドライバーの調子がよくない場合、ドライバーを持たずにスプーンなど少し短いクラブを選ぶことも一案です。ドライバーで打ったときと比べて2打目の距離が長く残ったとしても、バンカーなど難しい場所から打つよりもフェアウェイから2打目を打つほうがグリーンを捉える確率は高まります。

 グリーンから考える

2打目をどのエリアから打てば、グリーンに乗せやすいか/グリーン近くまでボールを運べるかを考え、1打目はそこまで打てる(届く)クラブを選んでティーショットする考えです。当然、ドライバーで打つべきとは限らないので、1打目で使うクラブの選択肢が増えます。

また、短いパー4ホールであれば、残り距離を考えて、ティーショットで使うクラブを選ぶ考えもあります。ドライバーでナイスショットして残った距離70ヤードの2打目が苦手ならば、得意な100ヤードから打てるようにティーショットでスプーン(3W)やクリーク(5W)といった短いクラブを選ぶ考えです。

いずれにしても、グリーンを狙うショット(2打目)がスコアに直結しやすいので、できるだけ自分が打ちやすい2打目が打てるよう、ティーショット(1打目)することが、パー4ホール攻略のポイントです。

次回は、パー5ホール(ロングホール)攻略の考えについてお伝えします。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com