ニュージーランドで事故対策

 

ニュージーランドで事故対策

 

前回に引きつづき、自動車保険と事故対策についてお話します。

ニュージーランドでは、人身事故に対してはACC(Accident Compensation Corporation)と呼ばれる国の保証システムが適応されますので、各自が加入する自動車保険は、主に対物に対応してます。ただ困ったことに、この自動車保険に加入していない車が少なくありません。

前回ご紹介した「Third Party」や「Third Party + 火災・盗難」保険の場合でも、保険会社によっては、無保険車との事故の際、相手に責任があると認められた場合に限り、ご自身の車両のダメージを補償してくれる保険(金額上限有り)もありますので、事前に確認しておくことをお勧めします。

そのほか、個人的に準備しておいた方がいいのは、ドライブレコーダー(車載カメラ)の搭載です。

特にニュージーランドでは、けが人が出ない事故の場合、警察が現場に来てくれることが少なく、後になって、有責を判断する事が難しい場合があるので、ドライブレコーダーで記録していると状況証拠に役立つ場合があります。

また、事故が発生した場合は,パニックになってしまうこともあると思いますが、けが人が居る場合は救急車を呼び、相手の

  • 車種・モデル・色
  • 登録番号
  • ダメージの具合(写真)
  • 免許証(写真)
  • 住所

を記録しておくことが、非常に大切です。

 

村東みやこ:ニュージーランドクラシック代表。2006年より、クライストチャーチにて中古車・クラシックカーの輸出入と、修理・車検(WOF)のサービスを承っている。┃ Imports Exports Classic cars┃New Zealand Classic Cars┃W:nz-classic.com

 

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.99(2018年6月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com