この砂がぜんぶ落ちるまで(第8回)

 大島は、朝から幾度となく、砂時計をひっくり返していた。砂が落ちるのが、妙に速い気がする。

数日前、思わず抱きしめた夏芽から知らされたのは、婚約者の存在だった。若い頃に十年間同棲をしていた同い年の相手で、別れてから疎遠だったが、一年ほど前に再会したらしい。

 「同い年か…」
夏芽の、「でも、先生と会ったら、どうしていいのか分からなくなっちゃった」という言葉を思い出しつつも、ようやく五十代になる夏芽に対して、自分は六十代も中盤である事実が、否が応でも立ちはだかる。それは、単純に年齢差の問題ではなかった。人生のステージの違い…かもしれない。とはいえ、婚約者の存在を知るまでは、その違いは、頬に当たる風のように、目の前にあり続けながらも通り過ぎていたのだ。それをつまり、目を逸らすというのかもしれないが…。

 ため息交じりにまた砂時計をひっくり返した時、客がドアを開ける音に、大島の混沌はかき消された。


「これ、夏芽、好きなんじゃない?」
行きつけのレストランで、婚約者の藤岡が取り出したキャンドルスタンドを見た瞬間、夏芽はギョッとした。
「うん、いいね!」
可能な限り平静を装い、さり気なくどこで手に入れたのか問うと、やはり大島の店だった。それは、確かめるまでもないことである。なぜなら、大島と夏芽が一緒に選んで仕入れた品なのだから。藤岡は、夏芽もよく知っている大島の店の店内の様子を細かく話すと、「ほら、こんな感じ」と写真を見せた。
「撮ってくれたんだ。ありがとう」
藤岡からスマホを受け取り、五枚ほどの写真に目を通したとき、夏芽の指が止まった。
「ん?」
小さく呟き、気になる箇所にズームする。
「何か、欲しい物あった?」
藤岡が手元を覗き込んできたので、夏芽は急いで写真を元に戻し、「うん、いろいろ気になるから、写真を全部、私にもくれる?」とスマホを彼に返した。

自宅まで藤岡に送ってもらうと、夏芽は、靴を脱ぐよりも先に、藤岡からもらった写真を開いた。そして、気になった一枚を、改めてズームする。
「…うそでしょ」
レジ横の目立たない所に置かれている紙は、何かの検査結果らしい。そこには、夏芽の知らない肺の病気らしい病名が、記されていた。実際に病気を患っているかどうかは別として、検査が必要であったことは確かなようだ。

《先生、近いうちにお店に行ってもいい?》
しばらく迷って選んだ言葉を打ちながら、夏芽の指は震えていた。


 大島が何かの検査を受けたらしい紙が映りこんだ写真は、見返さなくても、夏芽の脳裏に鮮明に蘇る。迷った挙句、店に行っていいかと尋ねたメッセージは、その日のうちに読まれたようだったが、返信は、三日経ってもない。再会してから、日常的にやり取りをしていたわけではない。ただ、連絡をしたのに三日も返事がないのは、初めてだ。夏芽は、夕方に予定していたミーティングを無理矢理に昼過ぎに変更してもらい、早めに仕事を切り上げて大島の店へと向かった。返信がない以上、突然押し掛けることには躊躇がある。しかし、もう一通の連絡をするよりも、何もせずに待つよりも、夏芽の感情は、会いに行くことを選んだ。

 夕方近く、閉店間際の時刻に滑り込むように、夏芽は大島の店の前に着いた。
しかし、ドアは閉められ、照明も落とされている。店内がぼんやりと見えるだけの目の前の建物は、西日が作った影に、崩れながら吸い込まれていくかのように、夏芽の目には映った。

「…はぁ」
やはり何の受信も着信もないスマホを確認した夏芽は、目を閉じてシートに体を預けた。


「…ふぅ」
病院を出て車に戻り、三日前に夏芽から来た《先生、近いうちにお店に行ってもいい?》という短いメッセージを読み返した大島は、西日の眩しさに目を閉じてシートに体を預けた。

 雑貨の話も仕事の話もなく、唐突にそんなことを訊かれるのは、初めてだ。夏芽に会いたいというのは、自分自身に対して隠しようもないほどに、むき出しの欲望だった。しかし、互いの年齢、婚約者の存在。そして、ポケットに収まっている検査結果。気軽に《いつでも来い》と返せない理由もまた、むき出して転がされるように並んでいた。

《どうした?》
とひと言だけ打ってすぐ、削除した。三日も返信せずにこのひと言では、あまりにも雑である。

《返信が遅くなってごめん。もう、来ないほうがいいよ。結婚するんだから》
ゆっくりと言葉を選びながら、そう打って、しかし送信できないままに、大島はエンジンをかけた。


 自宅マンションの駐車場に到着してシートベルトを外すと、夏芽は、身体の解放感と反比例して心が締め付けられるのを感じ、長い息を吐いた。そして、一気に大きく息を吸い込んだとき、メッセージを受信したスマホがバッグの中で震える。

急いで取り出す夏芽の視界を占領したのは、《返信が遅くなってごめん。もう、来ないほうがいいよ。》という、たった二文の、大島からの返事だった。

<続く>

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com