NO IMAGE

ブラック・レイン(Black Rain)

 

2014年日本映画界最大のニュース、巨星・高倉健の逝去。テレビドラマにはほとんど出演しない、まさに「銀幕のスター」でした。若い頃は、任侠映画で鳴らし、ストイックなやくざを演じたらピカ一、劇画「ゴルゴ・13」の主人公・デューク東郷のモデルになったほど。そんな健さんが、燻し銀のような大阪府警警部補を、そしてマイケル・ダグラス(Michael Douglas)がNY市警刑事を演じ、そこに狂気のやくざ・佐藤を演じる松田優作と三つ巴の競演をした、1989年、リドリー・スコット(RidleyScott)監督「ブラック・レイン(Black Rain)」。リドリー・スコット特有の、無国籍なアジア・日本を舞台に、やくざ・佐藤を巡る、抗争、報復、追跡を経ながら、徐々に信頼を深めてゆく日米の警察官2人。主題歌は、グレッグ・オールマン(Gregg Allman)の「I’ll Be Hold On」。

I have lived my life my way      俺は俺の人生を俺のやり方で生きてきた

For tonight and for today          夜だって昼だって

Just the strongest hearts they say      大したタマだと彼らは言う

That always survive               いつも生き残ってきたから

I’m fallin through the years           俺は月日を滑り落ちている

As each dream it disappears          夢が消え失せながら

When the night is full of tears      夜、涙が溢れそうになっても

I’ll be holding on              俺はがんばり続けるんだ

Now this life is instant black       今、この人生は真っ暗闇

But I won’t be lookin back             でも、後ろは振り向かない

The rain washed out the tracks         雨が道を洗い流して

I’ll never find again                  二度と見つけることができなくても

I’m still reachin for the light         それでも灯を探すんだ

I’m still wearin out the night             夜は消えてゆくんだ

And you know I’ll be alright            知ってるだろう、俺は大丈夫

I’ll be holding on                   俺はがんばり続けるんだ

 

我等(がとう)あり:美大時代に映像制作を学び映画にはまる。今はなきミニシアターに足繁く通い、又、近所のマニアックなレンタルビデオ屋の常連となり、ビスコンティ、フェリーニ、グリナーウェイ等を次々に制覇。好きな映画は「地獄に堕ちた勇者ども」「ひまわり」、好きな俳優は、マルチェロ・マストロヤンニ。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME 20151月号)」に掲載されたものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com