NO IMAGE

Star Wars エピソード8「最後のジェダイ」

あのシリーズが今再び銀幕に。

何を隠そう、人生で初めて観た実写映画である。年齢がばれてしまうが、当時の幼子には退屈でたまらなく、宇宙だから当然なのだが何だか画面の暗い映画だという以外、半分以上は寝ていた思い出が・・それがジョージ・ルーカス製作総指揮の下、あれよあれよという間に子気味よく続編が発表され、ふと気付いた頃には第1作目は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(Star Wars : EpisodeⅣ A New Hope)」と改題され、2005年までに旧三部作、新三部作の合計6作がそろった。

そして2012年、スター・ウォーズ ファンにとっては寝耳に水の、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルムの買収が!ディズニーの潤滑な資金が流れ込み、新たな「スター・ウォーズ 続三部作」の製作が開始されたのだ。ディズニー第一作目の「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」は、ディズニー買収によりシリーズの質が低下するのを恐れていたスター・ウォーズ ファンにとっては嬉しい裏切り、全世界で歴代3位の興行収入をたたき出し、映画史の1ページに刻み込まれた。

そして今再び、第二作目「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ(Star Wars : The Last Jedi) 」が銀幕に登場。今作のキャスティングの妙味は、悪役D・J演じるベニチオ・デル・トロ。前作でフォースを覚醒させたレイが伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを探し出し、驚くべき真実を知ることになる。果たして“最後のジェダイ”とは一体誰のことなのか?なお、本作はレイア演じるキャリー・フィッシャーの遺作でもある。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.93(2017年12月号)」に掲載されたものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com