去年マリエンバードで

映画漬けの大学時代に観た、超難解で理解不能のこれぞフランス映画、「去年マリエンバートで(Last Year at Marienbad / L’Année dernière à Marienbad)」が、時を経てまさかニュージーランドで観られるとは!英語圏ならではの弊害?英語映画以外、普段なかなかお目にかかれないニュージーランドにて、フランス映画を観ることのできる貴重な機会を与えてくれるFrench Film Festival(以下FFF)。Bunkamuraのル・シネマで上映されるような大作から、ミニシアター系の無名の新人監督による佳作まで、2週間という短期間に濃縮して20本以上が上映される。難を言えば、見逃したらアウト・・・暇人じゃなければ、なかなか自分の観たい映画が観られないところか。

「対象とする観客が少なすぎる」との判断から、カンヌ国際映画祭への出品を拒否された(後に、同年開催されたヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞受賞)、ヌーベルバーグ左岸派のアラン・レネ監督と、ヌーヴォー・ロマンの代表的作家であるアラン・ロブ・グリエ脚本の、1961年モノクロ映画「去年マリエンバートで」。登場人物は男Xと女A、女Aの夫のM、その他紳士淑女。場所はどこかのバロック調のホテルの城館と至ってシンプル。富裕な紳士淑女が集う豪奢な城館でのヴァカンス。情熱を欠いた社交場では、すべてがルーチンで気怠い。男Xは女Aに、「去年マリエンバートで出会った。」と語りかける。「私は知らない。」と答える女A。男Xは、去年マリエンバートで、2人がどう過ごし、どう愛し合い、その後、どうしたのかを、事細かに語り続ける。女Aは、その度に「私は知らない。」と答えるが、次第に現在と過去、現実と虚像が錯綜し、男Xの語った出来事が女Aの記憶に塗り替えられていく。そして、その様子を陰で観ている夫M。「去年マリエンバートで」は現実なのか、男Xの嘘なのか、女Aの記憶なのか・・・

シンメトリーな城館、幾何学式庭園、無人の廊下、鏡の間、バッハのオルガン曲を背景に、そこに佇むシャネルを纏ったデルフィーヌ・セイリグの美しさ。ロブ・グリエ曰く、「非常に緻密に計算された作品で、曖昧さのかけらもない。」あらすじは理解不能でも、この映像は一生記憶に残り、忘れられない一作になること間違いなし。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.108(2019年3月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com