1917(1917命をかけた伝令)

新年あけましておめでとうございます。映画好きの皆さま、今年も映画について語りながら、至福のひとときを過ごしましょう。

いわゆるお正月映画には、超大作というのがお決まりのところですが、ここはちょっと渋めのをご紹介。「1917(1917 命をかけた伝令)」。タイトルはズバリ、1917年、第一次世界大戦真っ只中。日本は連合国側で参戦したとはいえ、主戦場がヨーロッパのこの大戦、いまいち馴染みが薄いので少しおさらい。

1914年、オーストリア=ハンガリー帝国皇太子夫妻が、ヨーロッパの火薬庫様相のサラエヴォで暗殺され、帝国はサラエヴォに宣戦布告し、第一次世界単線が勃発。追って、ドイツがロシア、フランスに宣戦布告。

1915年、ドイツはかの有名なUボート作戦を開始。毒ガスが初めて使用される。そして、ANZAC DAYで知られるガリポリの戦いでは、迎え撃つオスマントルコ相手に多くのNZ人も命を落とした。アインシュタインが相対性理論を発表。

1916年、ヴェルダンの戦いでは、連合国・同盟国両軍合わせて70万人、第一次世界大戦最大の会戦ソンムの戦いでは100万人以上の損害を出す。この戦いで、若き日のアドルフ・ヒトラーが、伝令兵として参戦し、負傷している。

1917年、ロシア革命勃発。後にレーニンによる、人類史上初の社会主義政権のソビエトが樹立。アメリカが連合国側に参戦。最前線の西部戦線では、主導権がフランスよりイギリスに移り、本攻勢に出る。パッシェンデールの戦いでは70万人以上が命を落とす。

1918年、ソビエトが大戦離脱。ドイツ弱体化に伴い、ドイツ革命が勃発。ドイツ帝国は滅亡し、ヴァイマル共和国成立。

1919年、ヴェルサイユ条約締結で、大戦終結。しかし、オスマン帝国との講和交渉を巡り紛争が起き、ローザンヌ条約にて最後の講和条約を締結。大戦の結果、ドイツ帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン帝国、ロシア帝国が解体。

近代から現代へ、まさに歴史のうねりの最初のページ。そんな1917年のある1日を、伝令兵としての任務を受けた若きイギリス兵、スコフィールドとブレイクの2人が、最前線の仲間1600人の命を救うべく、危険極まりない敵の陣地に身を投じ、駆け抜け、立ち向かう。究極の全編ワンカット撮影という方法で、あたかも自分が戦場をかけまわっているような臨場感。監督は、「アメリカン・ビューティー」や「007/スペクター」のサム・メンデス。

我等 あり

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com