NO IMAGE

Extra Edition ~ Amazing Grace ~

2011年2月22日のカンタベリー地震から早くも3年が過ぎ去りました。月日の経つのは早いですね。その後、地震の追悼式典で、クライストチャーチ出身の世界の歌姫、ヘイリー・ウェステンラが、「アメイジング・グレイス(Amazing Grace)」を歌い上げました。あまりにも有名なこの歌は、イギリスの牧師、ジョン・ニュートン作詞の賛美歌です。同名の映画をはじめ、数々の映画やドラマで歌われ、ヘイリーの「アメイジング・グレイス」は、日本のテレビドラマ「白い巨塔」の主題歌にもなりました。奇しくも、この地震では、カンタベリー・テレビ(CTV)ビルにて、日本人看護師が何人も亡くなっています。かつてCTV記者が、路上パフォーマンスをしていたヘイリーに目を留め、その後CTV出演を機に一躍彼女はスターダムに登って行きました。そして2013年、ヘイリーは同じくこの式典に出席していた英国王子ウイリアムとケイト妃の息子、ジョージ王子のために、「やすらぎのハッシャバイ(Hushabye)」をリリースしています。「Hash a Bye」とは、「しっー、静かに」+「おやすみなさい」というような意味なんですよ。

It’s been already 3 years since Christchurch Earthquake.  A Christchurch-born, world famous singer Hayley Westenra sang Amazing Grace at the earthquake memorial ceremony.

This well-known song is a hymn written by a British priest John Newton.  There is a movie called Amazing Grace.  The song was also used in many movies and TV programs. Last year Hayley recorded a relaxing “Hushabye” for the British royal family.

Amazing grace how sweet the sound

アメイジング・グレイス、何と甘美な響きであろう

That saved a wretch like me!

私のような悲惨な者を救ってくださった!

I once was lost, but now am found

かつて、私はさ迷い道を踏み外したが、神に見つけられ

Was blind, but now I see.

かつては盲だったが、今は見ることができる

‘Twas grace that taught my heart to fear.

神の恵みが私に畏怖の念を教えた

And grace those fear relieved;

そして、神の恵みが恐れからの開放を教えてくれた

How precious did that grace appear,

どのように素晴らしい恵みが現れただろう

The hour I first believed.

私が初めに信じた時に

 

我等(がとう)あり:美大時代に映像制作を学び映画にはまる。今はなきミニシアターに足繁く通い、又、近所のマニアックなレンタルビデオ屋の常連となり、ビスコンティ、フェリーニ、グリナーウェイ等を次々に制覇。好きな映画は「地獄に堕ちた勇者ども」「ひまわり」、好きな俳優は、マルチェロ・マストロヤンニ。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME2014年3月号)」に掲載されたものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com