ニュージーランドの自動車保険について

 

先日、追突事故に遭って私の愛車は廃車になってしまいました。改めて、「万が一に備える大切さ」を認識した次第です。そこで今回は、ニュージーランドの自動車保険について、お話したいと思います。

ニュージーランドの一般的な自動車保険には、主に3種類があります。

  • Third Party(対物)補償

相手の車両や資産・財産(家など)を補償するもので、ご自身の車両に対する補償はありません。

  • Third Party + Fire&Theft (対物)補償火災・盗難補償

上記①補償に加え、ご自身の車両が火災被害に遭ったり、盗難に遭って戻ってこない場合、若しくは傷つけられた場合、事前に合意した全損金額や修理費用が支払われます。

  • Comprehensive (フルカバー)補償

上記①+②+ご自身の車両か補償されます。他にもオプションで特約を付けることも可能。特約には、レンタカー特約、遠出中の事故に対応した宿泊特約、フロントガラスへの飛び石に対する補償、24時間ロードサイドサービス特約など、保険会社によっても内容はさまざまです。

保険料については、車両条件や免責希望額、被保険者・運転者の年齢、車両価値や運転免許証の種類によって変わりますので、各保険会社へ確認をしてください。また、家財保険等に加入している場合は、同じ保険会社で自動車保険に申し込むと、割引が受けられる場合もあります。

ニュージーランドで自動車保険を取り扱っている主な保険会社;

AA Insurance(https://www.aainsurance.co.nz/car-insurance.html

STATE(https://www.state.co.nz/car-insurance

AMI(https://www.ami.co.nz/car-insurance

TOWER Insurance(https://www.tower.co.nz/car-insurance

ANZ Bank(https://www.anz.co.nz/personal/insurance/car-insurance/

保険金額だけでなく、事故時の対応や特約の種類、ロードサイドサービスの内容などを比較して、ご自身に合った保険会社をお選びください。「車両を購入したら、まずは保険選び」ですね。

 

村東みやこ:ニュージーランドクラシック代表。2006年より、クライストチャーチにて中古車・クラシックカーの輸出入と、修理・車検(WOF)のサービスを承っている。┃ Imports Exports Classic cars┃New Zealand Classic Cars┃W:nz-classic.com

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.98(2018年5月号)」に掲載されたものです

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com