キヌアのタブーレ|COOKING time

 腸内細菌を増やし「病気になりにくい」食生活をしませんか?

今回はスーパーハードを使ったお料理のご紹介です。フランスの定番サラダタブーレをスーパーフードのキヌアで作ります。美容、ダイエット効果の高い最強サラダです。

キヌアのタブーレ

<材料> 分量:2人分  調理時間:15分

キヌア 50cc(40g)

トマト(小) 1/2個

胡瓜 1/4本

紫玉ねぎ 1/8個

パセリ 適量

枝豆(ゆでたもの) 適量

A (自然塩 小さじ1/4 、レモン汁 大さじ1/2 、EXオリーブオイル 大さじ1 )

作り方

【1】 小鍋にキヌアを入れ、倍くらいの水を入れて火にかけ、沸騰してから10~15分ゆでたら、ザルにあげる。(ヒゲのような胚芽が出てくるのが、ゆであがりの目安。)

【2】 トマトは種を取って小さめの角切り、きゅうりも小さめの角切り、紫玉ねぎとパセリはみじん切りにする。枝豆はさやから出す。

【3】 ボウルにAを混ぜ、切った野菜、キヌアを入れて和えたら、塩で味を調える。冷蔵庫で数時間おくと味がなじんで美味しくなる。

★調理のコツ・ポイント★

* キヌアとは→NASAも注目するスーパーフード。タンパク質の含有率が他の穀物と比べて多く、成長や疲労回復を促す必須アミノ酸を多く含みます。さらに、コレステロールを抑制する効果を持つリノレン酸も含まれており、美容健康によく、調理も簡単です。

* 枝豆やアボカドはスーパーフードと組み合わせるとさらにGOOD!

 

のりこ:味噌ファクトリー代表。クライストチャーチ在住。自らの子育ての中、食育から学んだ経験をきっかけに、食の大切さを伝えていく味噌ファクトリーを設立。神戸の田舎で育ち、畑から採りたての新鮮野菜や手作りのこうじ味噌の味噌汁を食べて育つ。2000年、家族で日本に6年間帰国した際に学んだ伝統の糀味噌の作り方をワークショップで開催中。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.91(2017年10月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com