この砂がぜんぶ落ちるまで(第7回)

 重なり合った大島と夏芽の手の上に、二人で買ってきたばかりのアンティークグラスを屈折しながら通り抜けた光が、うっすらと虹色に伸びている。
 大島は、夏芽の左手を包んでいる自分の右手の指先に、ほんの少しだけ、力を入れた。夏芽は、手を引かない。すんなりと吸い付くように、大島の掌に自分の手の甲を馴染ませていることに、夏芽自身、気づいていた。大島が、もう一段、指先に柔らかな力を宿すと、夏芽はくるりと手首を返す。掌が重なると、二人は、しばらく、互いの指の存在を丁寧に確かめるように、ゆっくりと撫で合っていた。

 数十秒間というその刹那に、三十年以上分の時間の糸を、切れないように絡まないように、重なった手の中にたぐり寄せる。黙って。片方の掌で、互いの鼓動も息づかいも、心から漏れる音も、すべてを感じ合いながら。

 大島が、夏芽の指と指の間に自分の指をそっと沈ませると、夏芽はそれに応じて指を広げ、大島の指を引き寄せるように絡ませた。ゴクリと喉が鳴る振動が、繋がれた指にまで響いた気がして、大島は、照れ隠しで指をほどき、その勢いで夏芽を抱き寄せる。

「夢みたい」
さらなる数十秒の間の沈黙を破ったのは、夏芽の、吐息混じりの小さな声だった。大島の胸に素直に頭を預けたまま、「こんなに先生のそばにいるなんて、夢みたい」と、声の大きさも甘さも少し増して、夏芽は続けた。

「俺、お前よりも随分早く、死ぬんだろうな」
声と体の振動との両方で聞こえてくる大島のその言葉は、夏芽には、唐突なものに聞こえた。


「そんなの、分からないじゃない?」
「まぁ、そうだけど」
緊張を少しだけ解いた声で笑いながら、その笑みを含んだままの声で「俺が死んだら、店の商品、お前、売ってくれる?」と大島は問う。

「売るわけないよ。私がぜんぶ、もらっちゃうもん!」
同じだけ笑みを込めた声で夏芽が返した後、「まぁ、それもいいか」と大島が笑うと、二人はまた、しばらく口を閉じた。

「先生…」
抱き寄せる腕に力を込めようとする大島を鋭く制するような、でも震えた声が、夏芽の口から流れる。

「婚約している人がいて。でも、どうしようかなって。やっぱり、やめるかもしれなくて」
大島にも自分自身にも言葉を挟む隙を与えないように、夏芽は、ひと息に喋った。

 大島の指が、夏芽の肩から背中へとこぼれ落ちてゆく。力を入れて夏芽を抱きしめようにも、崩れ落ちていく指先は、あまりにも、あまりにも、もろかった。


最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com