国際バカロレアの初等教育 PYPの広がり

 

前回は世界やNZ国内大学進学はもちろん、帰国子女大学入試にも非常に有利になる国際バカロレア(IB)のディプロマプログラム(DP)について紹介しました。今回はそのIBDPの基礎を固めるためのIB初等教育システムPYP(Primary Year Program)について説明しましょう。

PYPは6歳から12歳を対象にしたプログラムで、NZ国内でも受講可能な学校が増えています。現在PYPを受講出来るPrimary, Intermediate schoolは、オークランドに8校、ウェリントンに4校、クライストチャーチに1校、その他の都市に3校あります(詳しい学校名は下記までお問い合わせ下さい)。

このPYPでは、全ての学びを8つの大きなテーマに関連付けて学んでいきます。この教育のポイントは、今の学びが世界とどう繋がっていくのかを知れること、徹底的なInquiry型の学習で自発的な学習姿勢が身につく事、そして世界市民としての意識が芽生える点です。

初等教育期間中にこうしたスキルが身につく事は、中等・高等教育で学んでいくための基礎を固められるという点で極めて有用だと私は考えています。

次回はこのPYPについて、もう少し掘り下げて内容を説明していきたいと思います。

 

▼人気YouTuberクリス・モンセンさんの番組『クリスの部屋』で、著書が紹介されました▼

(https://m.youtube.com/watch?v=SfO4QQQgbsA)(動画内−17分02秒頃)

 

 

Taku Yamaguchi (山口たく):TERRA INTERNATIONAL EDUCATION SERVICES.JNZ(TIES.JNZ/タイズ・ジェーエヌジー)代表。NZ留学&国際バカロレア受験コンサルタント。元名門進学教室塾講師として最難関国公私立中高に多数の合格者を輩出も、受験教育に疑問を持つ。子供の理想教育を求めてNZに教育移住し、現地在住生用のTerra寺子屋塾を開塾。塾天にて国際バカロレア対策や帰国子女向けの指導を実施。現在オークランド在住。二児の父。

著書『学校教育がガラッと変わるから 親が知るべき 今からの子どもの教育(風鳴舎刊)』

Web: https://www.ties-jnz.com/ │ Mail:ties.jnz@gmail.com│Phone: +64 9 555 0758/Mobile: +64 27 513 3430

 

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.104(2018年11月号)」に掲載されたものです。

 

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com