担保で注意、違法建築編

違法建築というと、自分には関係ないと思われるかもしれませんが、ニュージーランドでは結構多いので、注意が必要です。

この国はD.I.Y.が盛んですので、自分で改築する人も多く(注1)、その分、問題がある家も多くあります。プロを使っている場合でも、シティーカウンセルの許可を受けずに勝手に改築した場合、これは違法建築になります。こういった物件を購入してしまうと、以下のような問題が後々出る可能性がありますので、お気をつけください。

  1. 家の保険に加入できない可能性があります。申告せずに加入しても、クレームの時に違法建築であったことが分かれば、保険がおりない場合があります。
  2. シティーカウンセルから、元に戻すように言われる可能性があります。勿論自身のコストで。
  3. カウンセルの許可を後から取ろうとすると、かなりの金額がかかり、改善を言い渡されることがあります。
  4. 家の売却時に買い手に敬遠されたり、思う金額で売れなかったりする可能性があります。

自分自身の心の平穏の為にも、健全な家を選ぶことをおすすめします。

注1:今は、法律で自分で出来る範囲が決められています。

※この記事は情報提供を目的としたもので、全ての方へのアドバイスではありません。個人的案件など置かれている状況が異なりますので、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.95(2018年2月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com