NO IMAGE

HAPPY END

ミヒャエル・ハネケ監督待望の新作

ここ最近、ほぼ独占の感もある大手Hoytsでは映画料金終日$11を打ち出し、貧しい映画好きには朗報だが、ニュージーランド映画事情の不満と言えば、どこもかしこも代わり映えのしないハリウッド映画ばかり。日本(ただし都会のみ・・)のミニシアターで上映される、量より質のヨーロッパ映画には、残念ながらほとんどお目にかかることが出来ない。しかし、ニュージーランドのミニシアターもやる時はやる!

待望のミヒャエル・ハネケ監督の新作「ハッピーエンド(Happy End)」が銀幕に登場。「ハッピーエンド」とはお気楽なタイトルだが、そうは問屋が卸さない、ハネケ監督作品がハッピーエンドであるはずがない。監督自身が、「“良い”映画ではなく“不快”な映画をつくる」と言い切ったこの作品も例に漏れることなく、人間の愚かさや醜さを余すことなく克明に描き出している。「愛・アムール」でも父娘を演じた。ジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが再結集、難民が多く暮らすフランスの港町カレーを舞台に、不倫や裏切りなどそれぞれに秘密を抱えながら、壊れていく現代の家族の物語を紡ぐ。

ハネケ監督作品の常連で、フランスを代表する大女優ながら、地味で人目を惹く美女でもなく、どちらかというと質素で薄い感じのイザベル・ユペールだが、この人は本当にすごい!豪華さは微塵もなく、本当に薄―いのだが、映画が終わってもなぜかその印象は消え失せることなく、その存在感は重みを増していくのだ。忘れもしない、私が最初に観たハネケ作品「ピアニスト」で、過干渉な母親の監視の下、精神的に自立できず倒錯した性的趣向をもつ、ハイミスのウィーンの名門音楽院のピアノ教師が、彼女に対し熱烈に求愛を送る若い学生ワルターとの出会いで、徐々に精神のバランスを崩し、エンディングでは自分の胸に自らナイフを突き立て、明るい通りを何知らず顔で歩き去る。ハリウッドお決まりの、勧善懲悪、ハッピーエンドにちょっと倦み疲れている精神状態のいい貴方、是非、ハネケ監督作品に挑戦してほしい。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.96(2018年3月号)」に掲載されたものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com