おもてなしの心|TEA CEREMONY time

 

2020年の東京オリンピック招致のプレゼンテーションでの「お・も・て・な・し」の言葉を覚えておいでの方も多いでしょう。 この言葉を正確に表現する英語は無いように思われます。それは、「相手の心情を慮(おもんばか)り、形容されない想いに心を寄せて、その心に応えるよう振舞う」という事、その精神を表現する伝統文化の代表が「茶道」と云えましょう。

 

茶道の「おもてなしの心」は、千利休の茶の湯の心得、七則の「夏は涼しきよう、冬は暖かきよう」にも表わされています。例えば、暑い夏には涼を感じて頂けるよう、口の大きく開いた「平茶碗」を使い、寒い冬には暖かさを感じて頂けるよう、口の狭くて深い「筒茶碗」でお客様をもてなします。

茶道には二つの心の交流があります。一つは、「精一杯の気持ちをこめてお客様をおもてなしする」という、亭主からお客様への、もう一つは、「その気持ちを受け止め、亭主への感謝の気持ちを伝える」お客さまから亭主への心です。この「お互いを思いやる心の交流」が茶道の一番大事なところなのです。

 

桜樹庵 庵主 松本陽甫:2012年よりChristchurch Avonheadにて茶道教室(表千家)主宰。季節の移ろいに心を寄せ、一服のお抹茶に心を伝える。月に2回のお稽古を通して、美しい所作を身に付け、日本の心を学びます。お問い合わせは、oujuan_nz@yahoo.co.jp 021-130-9619

 

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.91(2017年10月号)」に掲載されたものです。
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com