『日本に8週間滞在した際に経験した事』をご紹介

 

カンタベリー大学の学生、そしてJ-SOCの会長でもあるクリスタルさんのエッセイ

『日本に8週間滞在した際に経験した事』をご紹介

 

今年の1月に日本に行った時、Airbnb(民宿・宿泊施設の検索サイト)を使いました。私のホストは60代のおばあさんでしたが、英語もドイツ語もペラペラだったのでびっくりしました。でも、初対面なのに「どうしてあなたは太ってるの」と聞かれました。ニュージーランドではこういう質問は失礼なので、びっくりしました。

日本人の友達が毎週金曜日に私を居酒屋に連れて行ってくれました。飲めば飲むほど日本語が上手になるような気がしました。でも時々失敗もしました。LINEで彼氏のことについて「辛い」というメッセージをもらった時、「辛い」は「からい」だと思って「え!?彼氏を食べたの」と思ってしまいました。

こんな経験のおかげで、恥ずかしがらないで日本語を話せるようになりました。間違えてもどんどん使ったほうが話せるようになることがわかりました。教科書からだけではわからないいろいろな経験ができてとても楽しかったです。

※J-SOCとは、地元の大学生が日本の文化や言葉に興味を持ち、日本人と交流したいと思っている人たちの集まり、異業種交流グループ。

 

荻野雅由 :カンタベリー大学人文学部日本プログラム、レクチャラー。ニュージーランド日本研究学会(JSANZ)副会長。ワイカト大学人文学部応用言語学科博士課程修了。博士(応用言語学)。言語習得と日本語教育学に興味を持っています。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.92201711月号)」に掲載されたものです

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com