MallowPuffs

チョコレートがコーティングされたマシュマロ…。NZ在住の皆さんにはおなじみの、あの「Griffin’s  マローパフ(MallowPuffs)」を思い出される方も多いのでは。Griffin’sのウェブサイトを見るとまず、まるで五人戦隊のように並んだ同社の主要5商品が目に入ってきます。堂々とセンターを務めるのがマローパフ。どれだけGriffin’sに、いやNZに大事な存在であるかを、うかがい知ることができます。

 くどいくらい甘いけれど、クセになる。もうしばらくいいや、と思っても買い物カゴに入れてしまう…こんなお菓子日本にもあったけ…?と考えると、森永「エンゼルパイ」やオリオン「チョコパイ」が頭に浮かびますが、でも何か以て非なるものという感じもしますね。やはりこれは西洋人のマシュマロへの愛着、執着が製品開発に反映されているのではないでしょうか(かなり主観的な感想ですが)。そこに火があれば、そうだマシュマロを焙ろう、そこにコーヒーがあれば、そうだマシュマロを入れてしまえ…と。

 NZの3大チョココーティング菓子といえば、Tim Tam、MallowPuffs、Toffee Pops…それにLumpsやChocolate Fishがそれに続く感じでしょうか。でも日本へのお土産にはTim Tamを買って帰る方が多いのでは(たとえオーストラリア原産と知っていても)。ここは潔く、NZ王道Griffin’s社に敬意を払い(親会社はフィリピン企業ですが…)、たまにはMalloPuffsとToffee Popsをスーツケースに詰めてみてもいいかも!

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.107(2019年2月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com