自然のことだま(5話)

◆作・題字・イラスト◆ はづき:Instaguram:nzhazuki┃w:malumaluhazuki.com

「あかいほうが、いいんだって。あかいのより、もっとあかいのがいいんだって」

まだ白く透き通るような緑色で、どうしたって硬いプラムの子が、泣きそうになって呟いていました。

「どうしたの?」
サラサラと葉を鳴らして尋ねる私に、その子は、もう一度同じことを、さっきよりも大きな声で言いました。「さっき通りかかった黒い鳥が、言ってたんだ」と付け加えて。

その日からその子は、毎日、あかくなる方法を試していました。
朝一番に光を浴びるんだと言って、夜明け前から背伸びをしたり…。息を長く止めているといいんだと、プルプル震えながら辛抱したり…。

「大丈夫だよ。心配しないで待っていなさい」
私は、毎日、微笑みました。

それでもその子は、心配そうに涙をたっぷりためた瞳で、あかくなりたい全身全霊で、生きていました。

その子の周りには、いつも眠っている子もいたのです。ケンカばかりする子も、恥ずかしがり屋さんもいました。

みんな、同じようにあかくなっていきました。

みんな、違うあかいろになっていきました。

みんな、鳥に好かれました。

ただ、私は、プラムの季節、あの精一杯な子を、真っ先に思い出します。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.107(2019年2月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com