自然のことだま(10話)

「春の風は、もうちょっと長生きできるんだぜ」

別の風が、ぼうやの隣に座り「俺は前に生まれたのは春だったんだ」と続けました。

「あら、私は前回は夏だったわ」

「僕は…、あれはいつだろう?秋になったな。冬の終わりもあったよ」

「あたしゃ、全部の季節を知ってるよ。名前のつかない季節も」

次々と集まってくる風の中で、一番のベテランらしいおばあちゃんが、

「あぁ、どうやら新入りらしいね」

とぼうやの頬を撫でると、風たちの視線が一斉に集まります。

「うん、そうなんだ。すぐに死んじゃうってことしか、知らないんだ」

震えるぼうやは、おばあちゃんの「怖いかい?」という優しい声に、黙って頷きました。

すると、風たちは順々にいたずらっぽく目配せをしたかと思うと、ぼうやの手を取り、みんなで大笑いして走り去ってゆきました。

強烈な冷たい突風に激しく手足を揺さぶられながら、私はかろうじて目を開けて見送ります。

足元では、積み重なった落ち葉の中に、「寒い寒い」とネズミの親子が潜り込んでいきました。

この記事は、ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME Vol.112(2019年7月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com