自然のことだま(4話)

◆作・題字・イラスト◆ はづきInstaguram:nzhazuki┃w:malumaluhazuki.com

みなさんは、雨粒の声をご存じでしょうか?

それは、「未練はあるかい?」です。

台風でも、冬のしとしとと続く雨も、真夏の通り雨も、すべて。そう言って落ちてきます。

「何の後悔もなく、思い残すこともなく、生きるのは、無理でしょう?」と、私は返します。

「後悔は未練じゃない。思い残しは、未練じゃない」

ときに、そんなため息と微笑のぜを残して、雨粒は、土に飲み込まれていきます。

ある夏。

「久しぶりだな。未練はあるかい?」

その声の奥には、小さな期待が光っていました。

「あるような、ないような」

正直に答える私に、憐れむような口元で何かを言いかけて、雨粒は土に消えました。

夏、秋、冬、春と過ぎ、また夏。

「また会ったな。未練はあるかい?」

空高くに目を向けながら、雨粒はいつもと同じ質問をしました。

「あるけど、ない」

私はまた、正直に答えました。

「そうか、飲みな」

視線を空から私へと瞬時に移し、ニカッと笑って、雨粒は、私の根の中へと、グイッと入ってきました。

今までで、一番おいしかった雨粒のお話です。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.106(2019年1月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com