ピーターラビット2/バーナバスの誘惑

中国武漢発祥の新型コロナウイルスが猛威を振るい、今や世界中に暗雲が立ち込めているが、その影響は何と映画界にまで及んでいる。個人的にはとても楽しみにしていた、当初4月公開予定だった、ダニエル・クレイグ演じるジェームス・ボンドとしては最終作となると言われる「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(No Time to Die)」が11月に公開延期になったのを皮切りに、隣国オーストラリアからはエルヴィス・プレスリーの伝記映画を撮影中だったトム・ハンクスとリタ・ウィルソン夫妻がコロナに感染したという電撃ニュースが飛び込んできた。又、500人以上の屋内・外のイベントがすべて中止になるというアーデン首相の表明もあり、今後、映画館での映画鑑賞も予断を許さない。

こんな暗い世相だからこそ、ここはひとつ景気づけに明るいバカ騒ぎの「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(Peter Rabbit 2: The Runaway)」でも観て、憂さを晴らそう!元来、ビアトリクス・ポター原作の「ピーターラビット」は、素朴で温か味のある優しい絵柄が特徴の児童書だが、前作2018年公開の映画「ピーターラビット」では、ピーターといとこのベンジャミン、三つ子の妹たちが、急死した農園主のマグレガーの甥のトーマスと攻防を繰り広げ、暴れまくった。そして、一旦は和解したかにみえたピーターとトーマスだが、その溝は深く、ピーターは都会に家出し、何と亡き父の友人バーナバスより「ワル」の手解きを受けるのだった。

何とこの「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」は、本国アメリカではコロナウイルスの影響で、4月の公開予定が8月に延期になったとのこと。NZもいつ映画館が閉鎖されるか分からない・・・これは急がねば!!

この記事は、ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME Vol.120(2020年4月号)」e-book版に掲載されたものです。

>ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com