NO IMAGE

6才のボクが大人になるまで(Boy Hodd)

 

6才の少年メイソンが、18才の青年になって親元を巣立つまでを、実際に12年の年月を費やして撮影した、リチャード・リンクレイター監督のBoyhood。 Los Angelsのインディーロックバンド、Family OfThe Yearの「HERO」にのせて、エラー・コルトレーン演じるメイソンが、多感な少年時代を、両親の離婚・再婚をはじめ、様々な出会いや別れを経て、アイデンティティを確立してゆく様を描いています。ベルリン映画祭最優秀監督賞受賞作。

Let me go
僕を行かせて

I don’t want to be your hero
僕は君のヒーローなんかになりたくない

I don’t want be a big man
僕は偉大な大人になんかなりたくない

I just want to fight with everyone else
僕はただ、みんなと一緒に戦いたいだけなんだ

Your masquerade
君の 仮面舞踏会

I don’t wanna be a part of your parade
僕はその行列の一部になりたくないんだ

Everyone deserves a chance to
誰だって

Walk with everyone else
みんなと歩く機会を与えられているんだ

So let me go
だから僕を行かせて

 

我等(がとう)あり:美大時代に映像制作を学び映画にはまる。今はなきミニシアターに足繁く通い、又、近所のマニアックなレンタルビデオ屋の常連となり、ビスコンティ、フェリーニ、グリナーウェイ等を次々に制覇。好きな映画は「地獄に堕ちた勇者ども」「ひまわり」、好きな俳優は、マルチェロ・マストロヤンニ。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME 201411月号)」に掲載されたものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com