NO IMAGE

オリエント急行殺人事件

43年のときを経て再びあのミステリーの傑作が「オリエント急行殺人事件」

ジョニーデップ、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ミッシェル・ファイファー…

前作に引けを取らない顔ぶれがそろう。

古典推理小説の金字塔、アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express)」が、ケネス・ブラナー監督・主演のもと、43年の時を経て再び映画化された。

最初の映画化は1974年。映画化を躊躇したクリスティを、なんとエリザベス女王の従兄弟である製作プロデューサーのジョン・ブラボー卿が説き伏せて映画化に漕ぎつけたという裏話がある。そして見事、かのイングリッド・バーグマンが3度目のアカデミー賞を受賞し、興行的にも大成功を収めた。バーグマンをはじめ、アルバート・フィニー、ローレン・バコール、ショーン・コネリー、アンソニー・パーキンズなど豪華なキャスト陣も話題となった。

そして今回の映画化でも、ジョニーデップ、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ミッシェル・ファイファーと前作に引けを取らない顔ぶれがそろい、それだけで映画館に足を運ぶ価値あり!

クリスティ作品でお馴染みのエルキュール・ポアロは、イスタンブールで豪華寝台列車のオリエント急行に乗り込み、ヨーロッパへの帰途に就く。一等車両には、さまざまな身分や国籍が異なる、目的地以外には共通点のない乗客たちが乗り合わせていた。途中、悪天候の雪の中、立ち往生してしまった車内で、いわくありげなアメリカ人大富豪のエドワード・ラチェットの刺殺体が発見される。いよいよ名探偵ポアロの腕の見せどころだ! イギリス人俳優ケネス・ブラナーが、あの悪の強いベルギー人探偵のポアロをどう演じるのか、見ものだ。

なお、歴史の遺物と思われがちなオリエント急行だが、ストラスブール・ウィーン間が廃線になったのは、2009年のことである。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.92(2017年11月号)」に掲載されたものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com