この砂がぜんぶ落ちるまで(第6回)

 夏芽を、店の奥にある自宅に上げて以降、大島は、彼女を待つともなしに待っている自分に、薄々気づいていた。だから、二週間後に連絡が来たときには、随分と長い間、音沙汰がなかったような思いがした。

《今、先生のお店のけっこう近くで買い付け中。こんなの見つけちゃった。先生、好きそうだね》

 メッセージに添えられていた写真には、小さなロココ調の布張りの椅子と、それに腰かけたウサギの人形が写っている。

《おぉ、いいな。たまには、いろいろ見て歩きたいな》

そう返信した十分後には二人は待ち合わせることとなり、三十分後には大島は夏芽の車の中にいた。

「なんか、嘘みたい。先生が私の車の助手席にいるなんて」

「そうだな」と返して笑うと、大島は、もう三十年以上前、学校からの帰宅中、部活を終えて駅に向かう夏芽と偶然会い、車に乗せて駅まで送ったときのことを思い出した。後にも先にも、大島の車に夏芽が乗ったのは、そのときだけである。

「あのときは、私が助手席にいたのにね」

小さな沈黙の間に、夏芽も同じ記憶を引き出しているのだと知り、大島の胸には、どうしようもない甘酸っぱさがこみあげてきた。

 「やっぱり、先生のダイニングにぴったりだよ、これ」

行きつけの輸入雑貨問屋を二人で何軒か回った後、大島の自宅に戻ると、夏芽は購入したアンティークのグラスをダイニングテーブルに乗せて満足気にそう言ったのである。

「仕事用じゃないのか?」

ダイニングに背を向けて紅茶を淹れていた大島が振り向くと、椅子に腰かけてテーブルに顔を近づけ、間近でグラスを眺める夏芽が目に入った。
好きなものを見つめるときの、奥に玉虫色の光源があるような瞳の輝きは、高校生の頃と変わらない。

「好き…だったんだ」
ティーカップに視線を戻しながら、大島は、思わず言葉にした。

「え?」

夏芽が顔を上げるのが、背中でも分かる。

「あの頃、俺、お前を、本当に好きだったんだ」

「…うん」

「あの頃っていうか…多分、今も」

「…多分?」

夏芽の声が笑みが含んでいたので、大島は、振り返ることができた。

「多分っていうのは、失礼か?」

目を合わせて笑う大島に、夏芽も玉虫色の笑顔を返す。

笑顔からは、少しずつ緊張が消え、代わりに、安堵感が染み渡る。

「私も。あの頃、すごく好きだった。多分、今も」

「多分」と、二人の声と同時に笑顔が再び重なる。

湯気が立つカップをテーブルに並べると、大島は、夏芽の隣に座って彼女の手を取った。

>ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME」

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com