日本語の授業を終えて|UNIVERSITY time

カンタベリー大学の3年生、アリシャさんのエッセイをご紹介

「日本語の授業を終えて」

by Alysha

 

“今年の日本語のクラスには思い出がたくさんあります。同級生はとっても親切で優しいので、いつの間にか友達になりました。テストがあったら、フェイスブックで「今、勉強しよう」とか「みんながんばって」とメッセージを送るし、わからないことがあると同級生が助けてくれました。試験が終わった後で一緒にご飯を食べたりゲームをしたりして、リラックスすることができて、みんな楽しそうでした。先生方は私たち学生一人ひとりを気づかって、いつも面白くて楽しい授業をしてくださるので、たくさん学ぶことができました。日本人との交流の機会もたくさんあったので、私の話す力はとてもよくなったと思います“

◆クラスメイトと共に学び、日本語で話すことを楽しんだことが伝わってきます。カンタベリー大学の日本語コースでは、単語や漢字、文法を学ぶと同時に、日本語を使う機会(learnerからuserへのシフト)を持てるように構成しています。ことばは人をつなぎますが、日本語学習者をつなぐのは他ならぬ、日本語です。日本語を通していろいろな人とつながり、世界を広げていくことを願っています。

 

荻野雅由 :カンタベリー大学人文学部日本プログラム、レクチャラー。ニュージーランド日本研究学会(JSANZ)副会長。ワイカト大学人文学部応用言語学科博士課程修了。博士(応用言語学)。言語習得と日本語教育学に興味を持っています。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.94(2018年1月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com