日本への留学

日本の大学生活とニュージーランドの大学生活には共通点も相違点もあります。今回は、文部科学省の国費留学生「日本語・日本文化研修留学生」として、カンタベリー大学から京都大学に留学したブレナン君の体験を紹介します。


 「京都大学では留学生向けの講義、日本人学生向けの講義に加え、課題もたくさんあって大変な毎日でした。『高校における英語教育問題とその解決方法』というタイトルで研究論文も書いたので、毎日目が回るようなスケジュールをこなさなければならず、のんびり屋の私はとても苦労をしました。しかし、日本人の友人や各国からの留学生と励ましあって充実した留学生活を送ることができました。

 1年間の留学生活を通していろいろな経験をすることができましたが、私にとってのハイライトは日本の普通の生活を体験することでした。それは、毎日日本語を話し、和食を食べ、京都のお寺にお参りしたり、日本の四季を体験したりすることでした。日本人の日常生活を体験することで、私はとても満ち足りた気持ちになれました。

 日本で学んだことをニュージーランドと日本に還元できるように、これからも頑張っていきたいと思います。」

この記事は、ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME Vol.110(2019年5月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com