クラブセッティングは合っていますか?

ゴルフクラブは、14本まで使うことができます。ドライバーとパターは確定しているプレイヤーが多いでしょう。あと12本何を選ぶかが各プレイヤーによっての違い、異なるクラブセッティングとなります。

クラブ選びの考え方として、二つのポイントがあります。

一つ目は、アイアンの本数を決めること。7番アイアンは使う方がほとんどでしょう。では6番アイアンはどうか?5番はどうか?4番はどうか?そのようにロングアイアンを何番まで使うかによって、アイアンの本数が決まります。例えば、6番アイアンまで使う方は、5番アイアン以上は使わず、代わりにハイブリッド(ユーティリティ)クラブにすると使いやすいでしょう。

二つ目のポイントは、ウッド系(以前は木の材質だったのでウッド系と呼びますが、現在の材質はほとんどがチタン)とウェッジ系のどちらを厚くするかです。

ウッド系を厚くするのであれば、ドライバー以降、スプーン(3W)、クリーク(5W)、そしてハイブリッド3本などで構成して、長い距離を打ち分けるのがよいでしょう。

一方、ウェッジ系を厚くするのであれば、ピッチングウェッジ以下、50度、54度、58度(または、48度、52度、56度、60度)とウェッジ3本(以上の)構成がおすすめです。また、ピッチエンドランが苦手であれば、チッパーといったアプローチ専用のやさしいクラブを1本入れてもよいでしょう。

プロゴルファーのクラブセッティングと同じセッティングにしても、自分に合うとは限りません。使うクラブは、あくまで自分が使いやすいもの、または自分のスコアメイクのために必要なものを14本選んで楽しくプレーしましょう。

次回は、ホール攻略の考え方としてパー4(ミドルホール)についてお伝えします。

この記事は、ニュージーランドのビジネス系無料雑誌「KIWI TIME Vol.110(2019年5月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com