中古車を日本のオークションから購入する②

 

 

日本で開催される中古車オークションは、各オークションで規模は違いますが、大きな会場では、朝9時に競りが始まり、終了するのは夜中ということも珍しくありません。

会場には、専門の検査員が常駐しており、出品車両を1台1台チェックして、外装・内装の状態・装備の確認・セールスポイント・注意事項を細かくチェックし、それぞれにランクを付けていきます。

例えば、ランクSは、初年度登録日より6ヶ月未満で、走行10,000キロ以下であることが必須で、すべての状態が新古車両レベルであること。ランク6は、初年度登録日より36ヶ月未満で、走行30,000キロ以下であることが必須で、新モデルであることや、全ての項目において良い状態であることなど、ランクは、5から4・5、4、3・5、3、2、1、0、R(A)と、続きます。ニュージーランドの市場向けには、平均よりも上の「4」は、欲しいところです。「0」は事故現状、「RやA」は事故歴アリ等です。付けられたランクは、購入する側にとって大変参考にはなりますが、ランク「4」でも、ニュージーランドでは修理が必要になる場合があります。ニュージーランドの基準とは、少し違う部分があるのです。

当社が日本のオークションから車両を購入する場合、会場に、別途、検査員を派遣します。この検査員の基準は、ニュージーランドスタンダードなので、ランクに隠れて見えない部分の状態をチェックします。

次回は、実際に車両入札から購入までをご説明します。

 

村東みやこ:ニュージーランドクラシック代表。2006年より、クライストチャーチにて中古車・クラシックカーの輸出入と、修理・車検(WOF)のサービスを承っている。┃ Imports Exports Classic cars┃New Zealand Classic Cars┃W:nz-classic.com

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.92(2017年11月号)」に掲載されたものです。

 

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com