帰国子女受験の落とし穴

 

ニュージーランドで生まれ育っても、日本の大学に行かせたい。そんな時にまず考えるのが、帰国子女受験ではないでしょうか。

帰国子女受験は、一般の大学入試よりもかなり早い、日本の秋口に実施されます。試験科目も少なく、一般受験よりも難度も低めなので、海外在住子女にも十分チャンスがある試験です。そのため最近は、高校卒業後に日本の大学を目指そうという人も増えてきています。

確かに帰国子女受験は一般より受かりやすい試験です。また入試科目も英語・小論文・面接の3教科であることが多く、学習負担も小さいですね。ただ一点気をつけなければならないのは、この試験科目で受験できるのは、原則文系の学部だけだということです。理系の学部に進学したい場合は、これらの科目に加え、通常数学と理科の試験が課せられます。

ニュージーランドの高校でNCEAの数学や理科を取っているからなんとかなる。そう考えている方も多いようですが、正直「全く」歯が立ちません。入試が要求するレベルをクリアするには、入試専用の学習が「必須」です。

この問題を解決するためにはどんな方法があるのか。その点について次回は説明します。

 

 

Taku Yamaguchi (山口たく):TERRA INTERNATIONAL EDUCATION SERVICES.JNZ(TIES.JNZ/タイズ・ジェーエヌジー)代表。NZ留学&国際バカロレア受験コンサルタント。元名門進学教室塾講師として最難関国公私立中高に多数の合格者を輩出も、受験教育に疑問を持つ。子供の理想教育を求めてNZに教育移住し、現地在住生用のTerra寺子屋塾を開塾。塾天にて国際バカロレア対策や帰国子女向けの指導を実施。現在オークランド在住。二児の父。

著書『学校教育がガラッと変わるから 親が知るべき 今からの子どもの教育(風鳴舎刊)』

Web: https://www.ties-jnz.com/ │ Mail:ties.jnz@gmail.com│Phone: +64 9 555 0758/Mobile: +64 27 513 3430

 

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.100(2018年7月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com