自分で自分の機嫌とれていますか?

これができなくなってしまうと、人間関係にトラブルが多くなってしまったり、自分に自信が無くなったりします。何故かと言うと、怒ったり、悲しんだりしすぎてしまう時は、自分で感情のコントロールができていない状態。いわゆる、自分で自分の機嫌がとれていない状態。このような時は、怒りや悲しみの感情を他人にぶつけやすくなってしまうので、周りの人達は、その状態に気を使ってしまい、そのうち気を使うことが辛くなってくると、段々と敬遠するようになります。そして最終的には、人間関係にトラブルが起きたり、うまく相手とコミュニケーションがとれなかったりする事になってしまいます。

もし自分が、人間関係においてトラブルが多いと思っているのなら、「自分で自分の機嫌をとること」を意識してみましょう。これができるという事は、表の自分と裏の自分がうまく手を組めている状態。感情と思考がうまく折り合いがとれているので、精神が安定してきますし、ちょっとした事でも動じなくなり、物事を落ち着いてみる事ができるようになります。そして判断力も格段にアップ。そうすると、周りの人から信頼されるようになり、自信にもつながっていきます。怒ったり、悲しんだりしている時の判断って、後で冷静になった時に、「あー、あんな事するんじゃなかった」とか「あんな風に言えばよかった」など、後悔することが多いですよね。そんな事にならない為にも、是非意識してみてくださいね。

でも、時々怒ったり悲しんだりして、相手にぶつけてしまうのは、人間ですし、そうする事によって気づくことも沢山あるわけですから、それはとても必要な事です。私が伝えたい事は、「これらの事を意識して、頭の隅に置いておく」という事です。「これを必ずしなければいけない」という事で捉えてしまうと、ストレスだけがたまって意味が無くなってしまいます。あくまでも、少しだけ意識しておく、便利道具の1つとして使ってくださいね。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.109(2019年4月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com