第三夫人と髪飾り(The Third Wife)

クリスマスホリデーも終わり、肉々しいものにちょっと食傷気味なところ、ここはあっさり、でも味わい深い、ベトナム人新鋭女性監督、アッシュ・メイフェアの「第三夫人と髪飾り(The Third Wife)」。近年、日本の在留外国人数では、中国の786,241人、韓国の451,543人に続き、37,1755人と第3位に続くベトナムだが(在留外国人数は2018年6月時点)、まだまだ伝統や文化、歴史については意外と知られていない。

アッシュ・メイフェアは、1985年ベトナムに生まれ、中学・高校をオーストラリアの寄宿学校で過ごし、イギリスの名門オックスフォード大学を経て、その後、アメリカのニューヨーク大学映画学科で学んだ才媛で、今を時めく現代女性だが、舞台は19世紀、男児を産むことが女性最大の務めとされていた『一夫多妻』『父権社会』の北ベトナム。14歳で、数人の妻のいる曽祖父と見合い結婚した、監督自身の曾祖母の話から着想を得て自らが脚本を書いた、「フィクションではあるが、現実にあったことを織り上げて作ったタペストリー」。

14歳のメイは、絹の里の大富豪の元に第三夫人として嫁いでくる。上品で穏やかな第一夫人には、息子が一人。美しく魅惑的な第二夫人には、娘が三人。“奥様”と呼ばれるのは、息子を産んだ夫人のみ。メイは更なる男児の誕生を待ち望まれ迎え入れられた。そして、メイは身籠る。時を同じく、第一夫人も懐妊。

世界遺産に登録された景勝地、ニンビン省チャンアンの風光明媚な自然を背景に、輝く竹の翠、ランタンに灯る光、石を打つ雨だれの滴、女たちの纏うアオザイの色彩。ハリウッド映画のような、あからさまなセックスシーンはないにも拘わらず、当時13歳だったメイ役のグエン・フオン・チャー・ミーが、官能的なラブシーンを演じたことで物議を醸し出し、保守的なベトナムでは公開4日目で上映中止に追い込まれた。

ここリベラルなNZでは、遣る瀬無い東洋の美を存分に堪能したい。

我等 あり

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com