プレーは変わりましたか?新ゴルフルール

 by ニュージーランドゴルフナビゲーター、佐井恭司(nzgolfcourse.com)

2019年1月からゴルフは新ルールが適用されています。有名な変更は、グリーン上のパッティングで旗竿(ピン)にボールが当たってもペナルティにならなくなったことではないでしょうか。パッティングするときに、抜いても抜かなくても、どちらでもよくなったことで、プレイヤーによって意向が分かれるところです。プロゴルファーのコメントを見ても、「旗竿があったほうが入る確率が高まる」という考えで、積極的に旗竿を挿したままプレーする意見があれば、「旗竿に弾かれそうなので、これまで通り旗竿を抜いてパットする」という意見もあります。

また、ドロップの仕方が変わりました。それまでは肩の高さからのドロップでしたが、膝の高さからのドロップに変わりました。もし、肩の高さからドロップしてしまった場合、やり直して、膝からのドロップを行えば無罰。そのままボールを打ってしまうとペナルティとなります。

バンカーでは、小石や葉っぱといったルースインペディメントを取り除いても(触っても)無罰となりました。また、アゴの高いバンカーからの脱出が難しい場合、2打罰でバンカーの外へ救済を受けることができるようになっています。

複雑といわれるゴルフのルール。もっと分かりやすくすることでゴルフ人口を拡大しようという狙いがあるようです。それでも、旗竿もドロップもバンカーの救済も、ポイントは「スピーディにプレーしましょう」というところだと捉えています。てきぱきとしたプレーを心がけて、ゴルフを楽しんでいきましょう!

次回は、プレイヤーによって異なるクラブセッティングについてお伝えします。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com