エッセンシャルスキルズ就労ビザ(ESWV)の大幅改正

Aki Yamasaki:NZ Visa Partner Limited (www.nzvisapartner.com

2017年の技術移民、エッセンシャルスキルズ就労ビザ(ESWV)の大幅改正があったのは周知の事実かと思います。最低年収に達していないと、 マネジャー職等のハイスキルジョブでも見なされない、永住権のEOI申請時には160ポイント以上が必要、ESWVでは家族のビザサポートができなくなる等、改正内容が厳格化されました。

市長も認める程、移民の労働力に”完全”に依存しているクライストチャーチ市などの都市、運送業、ホスピタリティー、ヘルスケア業界からは、 以前から改正が与える打撃について懸念の声が挙がっていました。それでも導入に踏み切った理由としては、2017年9月の国政選挙前に、移民数の増加を懸念するNZ世論に応える必要性もあったからではないでしょうか。改正後の技術移民申請者数が 改正前よりも大幅減になったという事で、その影響は確実にあるようです。

最低年収を「この国の中間年収を基準にする」という事ですが、インフレ傾向にあるこの国では、毎年賃金の上昇が予想されます。また最低年収だけでなく、市場賃金もクリアしなければならず、マーケティングマネジャーで申請する場合は、年収$75,000を下回ると、スキルジョブと見なされなくなる可能性が高くなります。つまり、このまま行けばビザ申請に関して、申請を遅らせれば遅らせるほど申請条件が難しくなる、という事が予想されます。早い段階で、専門家にご相談ください。お金はかかりますが、その価値は十分あると思います。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.97(2018年4月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com