気になるビザに関する情報や事例をご紹介

Aki Yamasaki:NZ Visa Partner Limited (www.nzvisapartner.com

これまで私がNZに滞在するにあたって取得したビザの種類は10種類。毎回、ビザを取得できるかどうかで一喜一憂する日々でした。

自分で申請した時は、移民局から連絡が来るまでヤキモキし、「現時点ではVisaが却下されます」と書かれたPPIレターが来た時には、それはもう精神的に参ったものです。

また、ビザの相談をしたくても、相談料が高額であったり、いつまで待っても返事が来ない事があったりと、本当に色んな意味で苦労しました。そんな経験を踏まえ、ビザ申請者の気持ちが痛いほどわかる私だから、と、一念発起してビザアドバイザーになりました。

移民法は本当に複雑です。

例えば、サウスアイランドコントリビューションビザ(申請期限は今年の5月23日)。これは、南島に長期労働している移民向けに作られた特別ビザですが、条件に合わなければ、10年間南島で働いてもビザが発給されません。NZに住みたいと思っている方のために、ビザに関する情報や事例をご紹介していきます。少しでもお役に立てれば幸いです。

この記事は、ニュージーランドの日本語フリーペーパー「KIWI TIME Vol.96(2018年3月号)」に掲載されたものです。

最新情報をチェックしよう!
>雑誌「KIWI TIME」について

雑誌「KIWI TIME」について

2010年創刊。雑誌「KIWI TIME(キウィタイム)」は、K&J MEDIAが毎月発行するビジネス系無料雑誌です。ビジネスに関する情報やインタビュー、仕事の息抜きに読みたくなるコラムが満際です。

ニュージーランドで起業している方や起業をしようと考えている方を応援します。

CTR IMG
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com